よくあるご質問

新地上放波送方式 地上放送サイマルクリプトストリームにおいての説明

地上放送サイマルクリプトストリームについて

この度、NHKと民放各局が従来の地上波保護方式(B-CAS方式)にくわえて、地上デジタル放送の新たなコンテンツ保護方式を2012年8月22日より関東地方で試用を開始し、翌2013年4月にかけて全国の民放テレビ局で順次導入して行く事が発表されました。

新 保護方式はB-CASカードのようなICカードを不要とするものです。これにより、従来の『地上波放送ストリーム』に変わり、新旧両方の保護方式に対応した『地上放送サイマルクリプトストリーム』が放送されることになります。

8月22日以降も従来製品の使用方法についての変更はございません、B-CASカードは必要となります。

新方式の詳細、地上デジタル放送に関するお問い合わせについては下記HPをご参照下さい。

http://www.trmp.or.jp 一般社団法人地上放送PMP管理センター

http://www.dpa.or.jp/ D-PA(社団法人デジタル放送推進協会)

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/dtv/index.html 総務省地上デジタル放送のご案内





新方式に対応した地上デジタル放送の受信に対応する為には、製品のファームウェアが最新の状態になっている必要があります。


弊社対象製品

DS-DT403

最新ファームウェアの確認方法。

リモコンにてメニューボタンを押し、システム情報>システム情報と押してソフトウェアのバージョンを確認します。

●ソフトウェアバージョン V01.02.01.JP.12.07.11

●MCUバージョン V1.0

上記バージョンに変更されていれば、最新のファームウェアです。


この件に関してのご質問等は、 弊社サポートセンターまでお問い合わせ下さい。

このページのトップへ